2009年04月06日

産経大阪杯(GII)


 本当に春らしくなってきました。

 あの肌寒さもなくなり、暑いくらいです。

 昨日(4月5日(日))は阪神競馬第10レース産経大阪杯(GII)

 は結構盛り上がりました。

 ドリームジャーニー、ディープスカイ、カワカミプリンセスの着順

 でした。カワカミプリンセスは出足、後続3位と不利な状況でした。

 ドリームジャーニーとディープスカイも鼻の差。

 やはりメインレースはお客さんの興奮も違う。


 来週から、桜花賞、皐月賞とG1レースが続き、いよいよ春本番ですね。


 
posted by クマ太郎 at 12:16| Comment(0) | TrackBack(0) | はじめての競馬

2009年01月22日

県競馬

 地方競馬は平日に開催されます。

 私も平日警備員をやっています。

 厳しい寒さの中、交通整理をやりました。

 寒さの中で長時間の仕事は応えます。

 地方競馬のお客様は土日とは違う感じがします。

 週末休めない商店主や飲食品業関係の方や、ゆったりと競馬に取り組みたい年金暮らしの方。

 県競馬の開催は全国に及ぶために、購入できる馬券もいろいろあります。

交通整理は良く道を尋ねられます。

 周辺の駅や観光スポットを研究しておかないとだめです。

 たまに、「この辺りにおいしいケーキの店があると聞いたのですが」

 なんて聞かれることがあります。

 なんとも言えないけど、研究がひつようなんでしょう。
posted by クマ太郎 at 11:09| Comment(0) | TrackBack(0) | はじめての競馬

2008年11月21日

馬券を買うために

 馬券を買うにはマークシートに記入します。
 
 このマークシートを馬券自動券売機にお金と一緒に入れて

 馬券が発券されます。

 マークシートで持っていても何にもなりません。


 マークシートは実際このようなものです。

マークシート緑(表紙)

マークシート緑(裏面)



 このマークシートが基本です。この基本に対して買い方

 いろんな組合せを買いやすくした「流し」の青色と「フォーメー

 ション」と「ボックス」付いた赤色の2種類があります。


 基本のマークシートについて解説します。


 この緑色の基本マークシートだけは表裏が同時に使えます。

 他の2種類のマークシートはそれぞれ一方の面だけ使えます。


 先ず、表面から説明します。

 (1)翌日発走のレースは、前日にマークします。

(2)競馬場と第何レースなのかをマークします。

 (3)次に式別をマークします。


 式別には以下の分類があります。


 単勝
   1位の馬番を当てます。
   価格は100円です。

 複勝
   1位から3位に入る馬番
   価格は100円です。

 単勝+複勝:別名「応援馬券」
   ひとつの馬番で単勝、複勝を同時に買えます。
   2つですから価格は200円です。


 枠連
   枠番号、通常2頭づつ枠番号が付いています。

   最大17頭だてのレースで最後の8枠に3頭入るため

   最大で8枠までしかありません。

   枠で連ですから、例えば3枠と5枠なら、そのどちらかに

   1着と2着が入れば当たりです。

 馬連
   1着と2着に入る馬番を当てます。

   例えば馬番7,2とマークしたら、1位が7番、2位が

   2番もしくは1位が2番、2位が7番なら当たりです。


 馬単
   1着と2着に入る馬番を当てます。

   単ですから、その順位も指定します。

   例えば馬番7,2とマークしたら、一位が7番、2位が

   2番なら当たりです。


 ワイド
    1着から3着に入る馬を、2頭だけ当てます。

    順位は関係ありませんから、当たる確立は高そうにに見

    える。

    初心者にはお勧めです。


 3連単
    1着、2着、3着に入る馬番を当てます。

    単ですから、その順位も指定します。

    例えば1着から3着までの予測が7、14、9ならば

    7 14 9 の順にマークしなければなりません。

    先日の「秋華賞」で100円が1098万円になったことでも

    話題になったのが、この3連単です。



 3連復
    1着、2着、3着に入る馬番を当てます。

    複ですから、3着までの入るなら順位は関係ありません。



 何かテレビやラジオで聞いたことがある名称ばかりです。

 先ずはこの基本が分かれば良いと思います。



posted by クマ太郎 at 16:14| Comment(0) | TrackBack(0) | はじめての競馬

2008年11月20日

職場を偵察

 競馬新聞は発走前日の発売で、一部420円もすることを初

 めて知りました。

紙質は良く白色で分厚くて多少の酷使にも破れない上質紙です。

 知り合いの説明で先ずWINSの周辺をうろうろしてみました。


 なるほど交通整理の警備員さんは大勢、年配の方に混じって

 若い人や働き盛りの方もおられます。

G1レース開催日は多くのお客様が詰め掛けられますので、警備員

 は気の休まる時はありません。

 少数の警備員では顧客の流れをコントロールできないと思います。

 エスカレーターでの将棋倒しなどが発生しないようにしなければ

 なりません。


 さてマークシートの馬券とマーキングする鉛筆を受け取って

 いざ中へと入ると、意外にきれいです。

 自動券売機みたいな馬券購入機がずらりと並び、上には液晶

 モニターに実際のレース中継が映し出されます。

 フロアーにはモニターを見る人や、競馬新聞を読む人、マーク

 シートを記入する人、壁際にある腰掛のバーに腰を掛ける人

 と様々ですが、本当に思ったより静かです。

 年齢層は60歳以上が多く、年金生活の楽しみに競馬に興じて

 おられるように思います。

 また、女性の姿もあり、顔見知り同士で戦況を確認したりして

 います。

 発走2分前には券売機は停止するため、知らせるブザーが鳴ります。

 


posted by クマ太郎 at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | はじめての競馬